新着情報

借地権の遺産分割の適切な方法とは?

※相続の基礎知識や相続・遺産分割一般については、「相続・弁護士による法律相談」をご覧ください。 1.借地権の遺産分割とは 借地権の遺産分割とは、遺言がなく、遺産の全部または一部が借地権付きの建物の場合に、その借地権付きの建物を共同相続人の間で分けることをいいます。借地権は建物に付随していることになっているので、建物を分ければ借地権を分けたことになります。共同相続人間全員の協議で分割の
続きを読む >>

借地の共有持分の譲渡におけるトラブルとは?

借地上の建物の名義が共有になっている場合など、その敷地に対する借地権も(準)共有の場合があります(「物」ではなく「権利」の共有なので、正確には「準共有」となります)。この共有持分を、共有者間で譲渡する場合があります。このような場合にも、地主の承諾が必要なのでしょうか。必要とされる場合、無断で譲渡したら、借地契約を地主側から解除されてしまうのでしょうか。 また、離婚に伴う財産分与として、夫が
続きを読む >>

借地への抵当権設定においてよくあるトラブルとは?

例えば借地上の建物の建替えなどを計画したとしましょう。このとき借地権者は、建替えのための資金を自己資金で準備できれば良いのですが、これができずに金融機関から借り入れることも多いです。その際には何らかの、担保が必要になります。金融機関は建替え後の建物を担保にすることはもちろん、その敷地に対する借地権も担保とすることを望みます。具体的には建物及び借地権に対して抵当権を設定することを要請します。借地権
続きを読む >>

借地権の譲渡におけるトラブルとは?地主の承諾が得られない時の対応方法を解説

建物所有を目的とする借地権は、重要な財産権として売買の対象になります。 しかし、借地権を第三者に譲渡するためには、地主の承諾が必要です。通常は、地主と借地人間で任意に交渉して借地権価格の1割程度の承諾料を地主に支払って承諾してもらいます。しかし、仮に承諾してもらえない場合には、裁判所に地主の承諾に代わる許可の裁判の申立てができます。 借地権の譲渡と転貸(また貸し)について、そもそも地
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
事務所概要
弁護士法人 タウン&シティ法律事務所
神奈川県横浜市中区日本大通14
KN日本大通ビル
(旧横浜三井物産ビル)2階
関内駅から徒歩5分
日本大通りから徒歩1分
民法改正開催延期(日時未定)横浜市開港記念会館7号室