まとめ

最後に

賃貸借マンションオーナーにとってトラブルが発生すると、賃料収入が得られず経営が成りたたなくなるという大きなリスクがある。
トラブルが生じるおそれがあれば、早い段階で弁護士に相談することが結果的に損害を拡大させないことにつながります。

投稿者プロフィール

弁護士 鈴木軌士
弁護士・宅地建物取引主任者。神奈川県にて25年以上の弁護士経験を持ち、特に不動産分野に注力している。これまでの不動産関連の相談は2000件を超え、豊富な経験と知識で依頼者にとって最良の結果を上げている。