裁判例⑲【東京地判平21・2・5WL】

仲介業者の担当者は、売主から、建物地階1階でたびたび漏水のあったことや黒カビが発生したことなどの説明を受けていた事案において、「雨漏りを疑わせる重要な事実でもあるので、宅建業者としては、上記のような事実を明らかにして、買主が、雨漏りの有無を調査確認したり、売買価格の相当性、契約条項の相当性を検討する機会を与える信義則上の義務があった」。仲介業者の担当者が建物地下1階に漏水のあった事実を何ら説明していないことは、信義則上の説明義務違反がある。同種の案件として東京地判平8・32・7判時1592号86頁。