共有不動産を担保にした借入金で持分を時価で買い取ってもらった事例

共有不動産 相談者居住の横浜市内の土地建物

これは父母が死亡し、兄と相談者が2分の1ずつの割合で共有で自宅を相続していた事例です。

この自宅に相談者が1人で居住し、兄夫婦は別に住まいを構えていました。

相談者は自宅が1人で住むには広すぎることとまとまったお金が必要であることから売却を希望していましたが、兄夫婦はこの土地の値段が上がると考えており売るのはもったいないという理由で売却に反対していました。

当事務所が相談者から依頼を受けて、共有物分割協議の申し入れをしたところ、相手方から相談者の持分を買い取りたいとの提案がありました。

買取金額については複数の不動産業者から提示された査定金額を元に話し合いをし、時価での買取という形で合意をしました。

この金額は3000万円になりましたが、相手方は相談者から持分を買い取ることを前提に共有不動産全体に担保権を設定する形で借入をして買取資金を用意し、無事時価で買い取ってもらうことができました。

この案件のように、相手に買い取ってもらう資金を用意する方法として共有不動産を担保にした借入をすることができますので、相手に持分を買い取ってもらいたいけど相手が買取資金を用意できるか心配だという方もお気軽にご相談ください。

投稿者プロフィール

弁護士 鈴木軌士
弁護士・宅地建物取引主任者。神奈川県にて25年以上の弁護士経験を持ち、特に不動産分野に注力している。これまでの不動産関連の相談は2000件を超え、豊富な経験と知識で依頼者にとって最良の結果を上げている。

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事