共有者の1名が売却に反対していた更地(共有)を共同売却した事例

共有不動産 横浜市内の更地

これは兄弟3名で共有していた更地の土地の問題です。

兄弟のうち2名は共有土地の売却を希望していましたが、残り1人が強硬に売却に反対していました。

当事務所が2名から依頼を受けて、残り1人に対して共有物分割協議の申し入れをしました。

申し入れから数日後、その残り1人から当事務所に電話があり、共有土地の共同売却に同意する旨の返答がありました

この結果、3名共有の更地を共同で売却することができました。

このように仮に当事者間では共同売却に強硬に反対された場合でも、弁護士が交渉することで早期に共同売却できる可能性がありますのでお早めに相談されることをお勧めします。

新着情報の最新記事

解決事例の最新記事